Gallery


■TORAO.22

-2018.07.01ー

プロフェッショナル修斗山口大会へ参戦。

当初の対戦相手が故障のため、急遽「チョンチャンヒョン(韓国)」選手との対戦が組まれる。

藤井は、怪我の回復が万全ではなく、また試合のブランクも長かったため不安要素が残る。

しかしながら終始落ち着いた試合運びで相手を圧倒。

わずか1ラウンド1分12秒、寝技を仕掛ける相手にパウンドの応酬で勝敗に蹴りをつけた。